借金 返せない

借金返せないなら弁護士に債務整理を依頼しましょう

債務整理を内緒で行う

 

債務整理を内緒で行う方法とは?
債務整理は、いわゆる借金を解決するための方法ですから、
なるべくはだれにも知られることなく、内緒で解決したいですよね。
そこで、債務整理は内緒でできるのか?ということですが、
結論から言いますと、「できます」

 

 

ただ、100%内緒で進めていくことができるかと言ったら、
確証はできません。
それでも、弁護士や司法書士に相談し、
なるべく内緒で借金を返済するようにはできます。
確証はできませんが、無理とも決めつけられません。

 

 

 

個人的に借金を返済していると、当然返済が遅れると
電話がかかってくる場合があります。
郵便物が届く場合もあり、小さなことで家族や友人、
同僚にバレているケースは少なくありません。
債務整理を利用すると、なるべくはバレないように手続きを行ってくれるので、
個人で返済するよりも安全かもしれません。

 

 

また、郵便物などは個人名で郵送してくれますし、
電話もないので安心です。

 

 

 

しかし、心から安心して返済をしていくためには、
家族や友人の協力も必要です。
内緒にしたい気持ちも分かりますが、
できればきちんと相談し、状況を理解してもらいましょう。

債務整理と委任状

 

債務整理と委任状について。
債務整理は、専門的な分野ですから、
個人で進めていく場合は、知識が必要になります。
そのため、ほとんどの方は弁護士や司法書士に依頼をするでしょう。
その分費用はかかりますが、安心・安全に借金を整理していくなら、
プロに頼むほうが賢明です。

 

 

しかし、専門家に依頼すると「委任状」が必要になってきます。
委任状とは、第3者に依頼をするときの意志表示です。
これがないことには、専門家に依頼することはできませんので、
債務整理で弁護士または司法書士に依頼を考えている方は、
委任状についても知るようにしましょう。

 

 

 

委任状は、依頼する内容によって異なります。
正しい書き方については、サイトなどでもチェックできますから、
一度見てみると良いでしょう。
法律上のルールはありませんが、代理権となるものですから、
きちんと書く必要があります。
そして、その内容が明確であることが大事ですから、
日付・委任者・受任者・委任事項などはしっかり記入するようにしましょう。

 

 

委任状を持参するときに、債務に関する書類はもちろんのこと、
住民票(3ケ月以内)・生活費収支の証明(メモでOK)・
給料明細(3ケ月以内)を一緒に持参しましょう。